消費者金融の借り入れ限度額とは

消費者金融には「限度額」があります。そして、最大利用限度額は、消費者金融ごとによって違いがあります。

この最大限度額は広告などにも記載されていますが、誰しもその最大限度額まで借り入れができるというわけではありません。

個人ごとの限度額は、契約時の審査によって、

・収入

・過去や現在の借り入れ状況

に応じて設定されます。

最大利用限度額が500万円と記載されていても、その金額が借り入れ可能となるわけではありません。

しかし、この利用限度額は、借り入れをしたあとに延滞のない返済をおこない実績を作ったり、交渉したりすることによって、増額ができる場合もあります。

なお、利用者側から申告しない場合でも、消費者金融から増額が可能であるという連絡が入る場合もあります。

現在「総量規制」によって、原則的に貸金業者からは、収入の3分の1以上の借り入れを行うことはできません。

ただし銀行の場合は、貸金業者ではないため、この総量規制の対象外となっています。

とはいえ、消費者金融や銀行とキャッシングなどの契約や、限度額の増額をする場合は注意が必要です。

まずは返済のことを考えて、借り入れを行う場合は、借りすぎないように十分注意したいものです。

キャッシングのユーザビリティ

クレジットカードを発行すると、大部分のものにはキャッシング作用がついている。生徒やパートや主婦の場合は、キャッシングの限度額は10万円程です。あたしが持っていたカードはキャッシングの範囲が20万円程あった。その当時は主婦だったのでお金が足りない中など立て替える目的で一心に利用したが、直ちに限度額までなることもあった。

限度額に至るのは速い一方で返済するのは利息がついてくるので、さんざっぱら時間も利息の受け持ちもかかってしまった。そのようにならないために、カードが発行された時点で、キャッシング作用を締め出すことや限度額を引き下げることがフリーでできる。

無論、カードショップに自ら電話で申し出なければならない。逆に、支払に遅れることなく一概に支払日時を守っていたら、キャッシング範囲を増加して受け取れることもある。キャッシングを利用する前に自分で限度を決めておくことが大切である。