キャッシングの利息は随時返済で減らせます

キャッシング申し込みをする時に考慮することとして、金利が何%に設定されるかは重要です。しかし、実際に付く利息については、あまり深く考えずに借入を行いがちです。返済方法には、随時返済と約定返済の2種類がありますが、約定返済のみしか行っていない人があまりにも多い現状があります。

約定返済により毎月支払っている返済額は、元金にも利息の支払に多くが当てられているケースが珍しくありません。原因となっているのは、元利均等リボルビング方式が採用されているからです。加えて残高スライド方式が併用されている場合には、状況はさらに悪化して元金が生えてきた段階で返済額も段階的に減らすことで、常に約定返済額に対して元金よりも金利の支払いが多くなるように調整されています。

約定返済時に利息が支払われているので、随時返済はそっくり元金の返済に充てられます。随時返済額が多いほど、金利は一定ですから元金が減った分だけ掛かる利息が少なくなります。元金そのものを減らす随時返済を増やすことで、同時に返済回数も減らすことが可能となり、総利息自体も一気に減らせるわけです。

キャッシングの利息そのものを減らす方法として、随時返済を積極的に併用して行くことは、理想的な返済方法です。

キャッシング返済をラクにする方法

キャッシングを利用している人がよく困るのが返済日の前くらいにお金が足りなくなることです。

お金が足りないからこそ、キャッシングを利用するわけですが、返済をしっかりしておかないと今後の利用が止められたり、

新しくほかのキャッシング会社に申し込みをするときに審査に通らなくなってしまうため、非常に困ります。

では、どうしたらこの返済の問題を解決できるのかというと、1か月の返済ではなく1週間ごとの返済を心がけると良いでしょう。

どうするのかと言えば、一般的にキャッシングは返済日が決まっていて、銀行口座から指定日に引き落とされます。

ですが、基本的にほとんどの会社はそれ以前にも随時返済を受け付けてくれます。

借りたお金は日割りで計算されますので、1日でも早く返済してしまった方が、支払う利息が減っていきます。

こまめに利息を節約することによって、返済する額を圧縮できますし、その分だけ借りる額に余裕が出てきます。そのため、返済日の前に困ることが減るのです。

窓口でしか返済する方法がない会社や、ATMでも返済できる会社など、サービスによってかなり違いがありますから、もし返済をこまめに行いたいという場合には随時返済ができるところを選ぶと良いでしょう。