キャッシングの申し込みってこんなに簡単なの?

初めてキャシングをした頃、キャッシングって全て悪徳・悪質な業者、いわゆる「ヤミ金」

だと思ったいました。

なので、サラ金には手を出しちゃいけない。って思っていました。

ですが、実際は生活苦・遊び金欲しさ等理由は様々ですが、借り入れをすることになった訳です。

結論から言うと、私が単にビビっていたと言うことです。

実際、借り入れの時は「免許証と印鑑」だけOKでした。

終わって見ればこんなもんか!ってただビビっていただけです。

少し詳しく話ますが、記入する欄は多かったです。

覚えている限りですが、

仕事絡みだと・職業・勤続年数・年収・会社の連絡先・所在地・従業員の人数など、あとはご本人さんの出勤日。

家族関係だと、・家族構成・家族のそれぞれの年収・家族全体での年収・住所・連絡先・家は持ち家かどうか?・車の有無などです。

申し込みをした時は、窓口で先方の方と対面式で行い、上記の事を

記入・ヒアリングでやりました。

その後、審査の結果を待ち、無事に?融資をすることができました。

融資金額は50万になります。

このヒアリング最中は、とてもドキドキで緊張しまくりです。と、同時に

騙されているんじゃないかって、不安も。

融資をされて帰りの道中には、「こんなもんか」ってもう余裕です。

でも、お分かりのように返済は余裕ではない!ことは、この時はまだ知る余地もありませんでした。

即日融資の申し込み方法について

即日融資と言う言葉を聞けば、インターネットの中に掲載されている、消費者金融会社側が、運営しているサイトなどを、きちんと通して行きながら、申し込むのが一般的です。

インターネットで、即日融資の申請手続きを行う事により、消費者金融業者側で働いている従業員の人にも、問題なく、直ぐに送信されて行ったりします。

なので、余計な手間隙を、費やす必要性など一切ないので、即日融資の申請者側と、消費者金融会社側で働いている、従業員の双方などが、スムーズに細かく、連絡を取り合えたりします。

重要な書類などを、事細かに書き込んだりして、封筒入れながら、一々郵送していると、結構神経を使ってしまいますが、郵送時間や日数などが、必然的に掛かって来てしまう為、即日融資自体がまず困難になります。

現在即日融資の主流となっているのが、ネット上で、申し込み手続きから~契約までを、一貫して結んで行きながら、その後では、銀行振込みの方式によって、申請本人の口座へと、ちゃんと振り込んで行く方法です。

この方式とは別に、申請手続きだけサイトの中で済まし、以降では、消費者金融業者側が開設している、無人契約機へと出掛けて行きながら、発行されたカードを受け取りながら、ATMを利用して、上手く引き出して方法も存在したりします。