三菱東京UFJ銀行のカードローン

三菱東京UFJ銀行は利用者が利用しやすい2種類ものカードローンを提供していて、利用者の目的に応じて使い分けることで、より生活の質を向上させる事ができます。

気軽にキャッシングができ、日常生活を送っていることで生じるちょっとした困ったこと、例えば公共料金の引き落とし日に残高不足となってしまった場合などに非常に役立つのがマイカードプラスというカードローン商品になります。

マイカードプランは残高不足時に自動的に融資をしてくれる自動融資機能が付いているので、自動的に利用者の生活をアシストしてくれますし、利用限度額は30万円となっているので、ついつい使いすぎてしまう心配もありません。

また来店不要で申込もできるので、大変便利なカードローンなのです。

カードローンにおいて

カードローンとは無担保でお金を貸してもらうことができることになります。ですから、非常に助かることがあります。カードローン業者はいくつもありますから、いくつか比較したほうがよいことがあります。まず、無利息期間があるのか、というのがとても大事になりますから、これはしっかりとチェックしておきたいところです。

それができるようになりますと少しでも負担を軽くして上手く借りることができるようになります。当然、ずっとそんな状態で貸してもらうことができるわけではありませんから、その点は勘違いしないことです。カードローンというのはいくつもやっている金融関係のところがあるのですが、その一つに銀行があります。

銀行系カードローンというのは本当に大きなメリットがあることがあります。それが総量規制が引っかからない、ということであり、これがかなりお勧めできる理由になっています。そこを意識しているようにしましょう。つまりは、総量規制以上に借りることができる可能性があるわけです。

そこは確かに大きな魅力となることでしょう。しかし、借りすぎることだけは注意したほうがよいといえるでしょう。これだけは確実にいえることになります。

ゆうちょ銀行でもカードローンを扱っています

郵政民営化により、従来郵便局が行っていた預貯金事業はゆうちょ銀行という独立した存在になりましたが、このゆうちょ銀行でもカードローンを取り扱っています。

ゆうちょ銀行のカードローンは”したく”という名前の商品で、実際にこの商品を提供しているのは地方銀行のスルガ銀行です。スルガ銀行では自行でもカードローンを扱っていますが、ゆうちょ銀行からの申込み用にこの”したく”という名前のカードローンも用意しているという訳です。

つまり、このカードローンでは申込みこそゆうちょ銀行から行いますが、契約はスルガ銀行と行うことになります。よって、ゆうちょ銀行は代理店という形だけですが、ゆうちょ銀行から申込みが行えるだけに、そのゆうちょ銀行のATMを利用すると手数料が無料だというメリットがあります。

また、提供元のスルガ銀行のATMを始め、セブンイレブンやE-netマークのあるコンビニのATM、イオン銀行のATM、タウンネットワークサービスのATMが利用できます。銀行カードローンの提携ATMサービスはそのうちの一部では借り入れのみということも多いですが、このカードローンではこれらのどのATMでも借り入れ、返済共に行うことができるので、とても便利なカードローンだと言うことができます。

ただし、銀行の口座からの自動引き落としでの返済は行えないので注意してください。これについてはゆうちょ銀行の口座でも行うことができません。返済は上記のいずれかのATMからのみ行うことができます。借り入れ、返済共に完全にATM専用のカードローンです。

カードローンはとっても便利だけど利用は給与の10%まで。

利用は主にネットショップです。

カードを作り、カードローンの設定をすればショッピングサイトで利用できるポイントが〇〇〇〇ポイントつく。

って言うのがきっかけです。

また、カードローンは一括払いとリボルビング払いが選べました。

利用直後は一括払いですが、リボ払いにすると更にポイントがプレゼントと言う事でリボルビング払いに変更しました。

主に使うショッピングサイトで利用してますが、なかなか便利です。

基本的に毎月のリボルビング払いの額を多めに取って、リボルビングの手数料(金利)が掛からないように使っているのですが、

時々、リポ払い枠を超えてしまうときが有り、その場合の手数料でビックリします。

年利〇×%で毎月の手数料は残高に年利を掛けてそれを12(ヶ月)で割った額が手数料になるのですが、冷静に考えると結構な額を手数料として払う事になります。

ですので、しっかりと計画を立ててショッピングをしないと何時まで経っても払い終わらないことになってしまいます。

リポ払い額を超えてしまっても翌月の利用額を減らせば短期で払い終えますので、自分をしっかりコントロールしていれば便利な物です。

ただし、買いもの依存症の方には危険なサービスですね。

気が付くと、利用限度額まで行ってしまいますからね。

リボルビングはしっかりと計画を立てることと、自分を押さえることをしないとあっという間に残金が増え、多額の手数料(金利)を払う事になります。

ですので、毎月の利用額と利用額をしっかりと確認し、利用し過ぎたら翌月以降は利用を控えるべきです。

それが出来なく、”まぁ、引き落とし額を払っていれば大丈夫♪”ってやっているとあっという間に三桁万円の残債が残ります。

カードローンを利用して、生活を豊かにしよう

私は車の免許を無事にとれた時に、自分で運転できる、車が欲しいな、と考えるようになりました。

せっかく免許を取得しても、運転しないでいると、運転が怖くなってしまっては困るので、車を購入したいなと考えました。

しかし、現金で買えるほどの貯蓄がたまっていなかったので、カードローンを組んで、車を購入しようと思いました。

まずは車屋さんと相談して、カードローンを組みましたので、わからないことなども、車屋さんのおかげで、スムーズにローンを組むことができました。

私は、カードローンを組んだことが初めてだったので、すごく不安もありましたし、ちゃんと返していくことができるのだろうか、と悩んだりもしたのですが、思い切ってカードローンを組んで、自分の車を購入することができて、今はとても満足しています。

生活も、車があるおかげで行動的になり、楽しい毎日を送っています。カードローンを思い切って組んで、本当に良かったという思いです。

やはり大きな金額のものを購入する時には、キャッシングや、カードローンを利用して、手に入れることも、ひとつの方法だと思いますが、きちんと、自分が返済できるかというところを見極めてから決めてください。

カードローンは借り換えに便利

それまで2社ほどのクレジット会社を利用していました。クレジットカードやキャッシングなどで、年間でも相当な金額を使っていたはず。キャッシングでは年間50万円以上を利用していたと思います。

当然、返済も大変で、月に数万円の返済になったこともありました。そのとき、思っていたのは金利が高いのでは、ということ。金利が20%近くであり、よく考えれば法外な金利。法定金利内ではあるもののギリギリのラインなのでしょう。それを返済していたので、今考えるともったいない感じがします。

そんなとき、その金利をなんとかできないかと考えました。いろいろ調べているとカードローンの金が低い事に気がつきました。特に利用することもないけど、金利は低い。

金利は数%であるため、数分の一になる。思い切って申し込みをしてみました。適用金利は5%。それまでの金利と比較すると本当に低い金利。

当然、借り換えをしました。それまで、キャッシングで借りたお金は40数万円。それをカードローンで借り、全額返済。残ったのはカードローンの40数万円。月々の返済額は1万円とちょっと。年間で借りても本当に少ない金額になりました。今も利用していますが、順調に返済をしています。

そのほかにもネット環境が充実しており、返済やまた借り入れもできます。いつでもどこでも好きな時にスマホからアクセスでき、利用が可能。本当に便利で、クレジットカードなんかに比べるとカードローンは本当に利便性が抜群です。