総量規制には対象外になる例外事項がある?

総量規制の対象となる借り入れであっても、総量規制を受けない場合があります。
総量規制には特例事項がいくつか用意されており、その条件を満たしていれば年収の3分の1を超える金額でも借り入れをすることが可能なのです。
そのうちキャッシングと特に関連が深いのは事業者貸付と配偶者貸付です。
事業者貸付とは、個人事業者向けの融資のことであり、事業計画など詳細な資料を提出して審査を受けることで、総量規制を超える融資を可能にするというものです。
大きな事業資金を必要とする事業者のために設けられた例外規定です。
一方、配偶者貸付がターゲットにしているのは主に専業主婦。
収入がない専業主婦は総量規制によってキャッシングができませんが、この配偶者貸付によって配偶者の収入をもとに審査を受け、融資を受けることができます。

即日融資は銀行ローンよりも消費者金融がおすすめ

最近は銀行ローンでも即日融資が当たり前のように導入されていますが、即日融資の利便性について比較すると、まだ消費者金融の方が若干優れていることが多いです。

銀行ローンの即日融資は、一部の大手メガバンクを除けば、ほとんどが振り込み融資の方法をとっています。
そのため銀行営業時間である平日の15時までしか即日融資を利用できないことが多く、夕方以降や土日に契約した場合は、実際の融資の受け取りは金融機関の翌営業日となってしまいます。

それに対して消費者金融の即日融資は、銀行ローンと同じような振り込み融資に加えて、全国に自動契約機を持っている場合が多いですので、平日の銀行営業時間内ならば利便性の高い振り込み融資を利用して、銀行営業時間外ならば自動契約機によるカード発行をして、土日でも即日融資が可能です。

キャッシング会社選びの優先順位で、即日融資にこだわるならば、消費者金融の方が利用しやすい場合が多いです。

カードローンはとっても便利だけど利用は給与の10%まで。

利用は主にネットショップです。

カードを作り、カードローンの設定をすればショッピングサイトで利用できるポイントが〇〇〇〇ポイントつく。

って言うのがきっかけです。

また、カードローンは一括払いとリボルビング払いが選べました。

利用直後は一括払いですが、リボ払いにすると更にポイントがプレゼントと言う事でリボルビング払いに変更しました。

主に使うショッピングサイトで利用してますが、なかなか便利です。

基本的に毎月のリボルビング払いの額を多めに取って、リボルビングの手数料(金利)が掛からないように使っているのですが、

時々、リポ払い枠を超えてしまうときが有り、その場合の手数料でビックリします。

年利〇×%で毎月の手数料は残高に年利を掛けてそれを12(ヶ月)で割った額が手数料になるのですが、冷静に考えると結構な額を手数料として払う事になります。

ですので、しっかりと計画を立ててショッピングをしないと何時まで経っても払い終わらないことになってしまいます。

リポ払い額を超えてしまっても翌月の利用額を減らせば短期で払い終えますので、自分をしっかりコントロールしていれば便利な物です。

ただし、買いもの依存症の方には危険なサービスですね。

気が付くと、利用限度額まで行ってしまいますからね。

リボルビングはしっかりと計画を立てることと、自分を押さえることをしないとあっという間に残金が増え、多額の手数料(金利)を払う事になります。

ですので、毎月の利用額と利用額をしっかりと確認し、利用し過ぎたら翌月以降は利用を控えるべきです。

それが出来なく、”まぁ、引き落とし額を払っていれば大丈夫♪”ってやっているとあっという間に三桁万円の残債が残ります。

消費者金融の借り入れ限度額とは

消費者金融には「限度額」があります。そして、最大利用限度額は、消費者金融ごとによって違いがあります。

この最大限度額は広告などにも記載されていますが、誰しもその最大限度額まで借り入れができるというわけではありません。

個人ごとの限度額は、契約時の審査によって、

・収入

・過去や現在の借り入れ状況

に応じて設定されます。

最大利用限度額が500万円と記載されていても、その金額が借り入れ可能となるわけではありません。

しかし、この利用限度額は、借り入れをしたあとに延滞のない返済をおこない実績を作ったり、交渉したりすることによって、増額ができる場合もあります。

なお、利用者側から申告しない場合でも、消費者金融から増額が可能であるという連絡が入る場合もあります。

現在「総量規制」によって、原則的に貸金業者からは、収入の3分の1以上の借り入れを行うことはできません。

ただし銀行の場合は、貸金業者ではないため、この総量規制の対象外となっています。

とはいえ、消費者金融や銀行とキャッシングなどの契約や、限度額の増額をする場合は注意が必要です。

まずは返済のことを考えて、借り入れを行う場合は、借りすぎないように十分注意したいものです。

モビットで初めてのキャッシング

一時期友達のウェディングに呼ばれることが多くなり、あまりにバイト生活をしていらっしゃる皆さんはご祝儀で生活費が足りなくなり、この時期が終われば楽になるだろうと願い始めてキャッシングを利用しました。

バイトでも審査が受かるが不安だったのですがネットで何かと調べているとアイフルであればバイトでも審査が通りやすいという話を聞いて申し込みをしてみました。
ネットキャッシングをしたのですが、記入する種目が手広く途中で投降しそうになりましたが、一層経費のためだと願い頑張って書き込みをし送信。
その後はライセンスを郵便したりコミュニケーションをし裁定に入ったのですが、さほどスムーズに裁定に通りました。

一段と瞬間がかかってしまうのではないかと思っていたのですが2ウィークもかからないで審査が終わり10万円の限度額で借金をできるようになりました。
バイトのボクにとっては限度額10万円と言ってもかなりの大枚で、それからはキャッシングを活かし賢く身辺の家計ができるようになりました。
随時ほしいものがあるとふと使ってしまうのが不具合ですが、生活費や食費が足りなくなりみたいに変わる時折同士から経費を借りずにアイフルに担えるので心から便利になりました。
こういったカードは1枚持っておくと全く気楽かと思います。

カードローンを利用して、生活を豊かにしよう

私は車の免許を無事にとれた時に、自分で運転できる、車が欲しいな、と考えるようになりました。

せっかく免許を取得しても、運転しないでいると、運転が怖くなってしまっては困るので、車を購入したいなと考えました。

しかし、現金で買えるほどの貯蓄がたまっていなかったので、カードローンを組んで、車を購入しようと思いました。

まずは車屋さんと相談して、カードローンを組みましたので、わからないことなども、車屋さんのおかげで、スムーズにローンを組むことができました。

私は、カードローンを組んだことが初めてだったので、すごく不安もありましたし、ちゃんと返していくことができるのだろうか、と悩んだりもしたのですが、思い切ってカードローンを組んで、自分の車を購入することができて、今はとても満足しています。

生活も、車があるおかげで行動的になり、楽しい毎日を送っています。カードローンを思い切って組んで、本当に良かったという思いです。

やはり大きな金額のものを購入する時には、キャッシングや、カードローンを利用して、手に入れることも、ひとつの方法だと思いますが、きちんと、自分が返済できるかというところを見極めてから決めてください。

急な出費が重なり生活費が足りなくなった

パート勤務の主婦です。友人と親族の結婚式が重なった事と、子どもの習い事や学校の教材費などの出費でかなりの額の金額が飛んでいきどうしても生活費が足りなくなってしまいました。

消費者金融のキャッシングは少し抵抗がありましたが、どう足掻いても今月の生活費が足りないので思い切ってプロミスに申し込んでみました。プロミスは30日は利息なしという事でしたので次のお給料には全額返すつもりだったら私はプロミスに決めました。

申し込みをし、勤務先に確認の電話が行き、すぐに申請が通りました。金額は10万です。コールセンターからかかってきた電話ですぐに口座入金が可能だと言われたのでお願いしました。無事にお金も下ろせてその月は何とか生活に苦しまずに過ごせました。そして次のお給料には全額返し、今ではカードは持っていますが借りてはいません。が、万が一の時に借りれるカードがあるというのは少し心に余裕ができるのでとても良いですね。

借りる前までは怖いイメージしか無かった消費者金融ですが、実際に借りてみるとそんなことは無く、あの時は本当にプロミスに助けられました。今ではとても感謝しております。コールセンターの方もとても優しそうな受け答えでしたし、借りて良かったです!

冠婚葬祭のときによく利用しています

会社員をしていますが、家賃の支払いや生活費、趣味に使うお金を考慮すると、毎月とても余裕のある生活とは言えない環境にいます。そんな中で、30代半ばぐらいになると急な冠婚葬祭行事に参加する事も増え、自分の給料だけでの対応は難しい場合がありました。

親に借りる事も考えましたが、どうも相談しづらく躊躇してしまいます。そこで、少し罪悪感みたいな感情があったのですが、銀行ローンを利用する事にしました。これまで、キャッシングはクレジットカードで利用していた事もありますが、利息も高く後々の支払いが切るくなる事もあり、利息がクレジットカードよりも安かった事もあり銀行ローンを選択しました。まずは銀行に設置している無人契約機にて審査を受けました。

密室になっているので、審査中は目の前の画面と、オペレーターの指示に集中できます。身分証明書などの必要提出物の確認が終わると、会社への在籍確認が行われ審査終了です。会社への在籍確認も銀行名で連絡されるので、会社にカードローンを申し込んだことがばれる事はありません。

この辺りも他のいわゆるサラ金と比較し安心できるところだと思います。カード審査自体は30分程度で終わり、その日のうちにカードが発行され、借入ができます。カード自体も通常の銀行カードとデザインが一緒なので、万が一カードを見られても大丈夫です。おかげさまで急な出費が必要でも安心して生活できるようになりました。使いすぎなければとても有効なものだと思います。

初めてのキャッシングはお得な情報が多い

初めてキャッシングを利用する場合は、なるべく知名度の高い大手の消費者金融を利用することをお勧めします。大手の業者はテレビのコマーシャルなどでも宣伝しているので、知っている業者があるのではないでしょうか。

大手の消費者金融は利用者が便利に利用できるサービスを展開しており、初心者にとっても使いやすいサービスになっています。業者によってサービス内容は異なりますが、30日間金利ゼロで利用できるサービスなどもあるので、初めての場合は活用してみてはいかがでしょうか。

30日間金利が無料と言う事は、30日以内に返済を行うと、利息を払うことなく元金の返済だけで済ませることが可能です。このようなサービスの場合は、初回契約のみに限定されている場合もある事前にサービス内容を詳しくチェックしておくことをお勧めします。

また30日間を過ぎた場合は利息を支払う必要があるので注意しましょう。キャッシングで借りたお金はすぐに返すほど、利息を支払う額は少なくなります。また長期的にわたって返済を行いたい場合もありますが、月1回の返済にすることもできるので、自分が使いやすい方法で返済を行っていくと良いでしょう。またさまざまな疑問や不満に関しては担当のスタッフに相談することで、悩みを解消することができるでしょう。

キャッシングの利息は随時返済で減らせます

キャッシング申し込みをする時に考慮することとして、金利が何%に設定されるかは重要です。しかし、実際に付く利息については、あまり深く考えずに借入を行いがちです。返済方法には、随時返済と約定返済の2種類がありますが、約定返済のみしか行っていない人があまりにも多い現状があります。

約定返済により毎月支払っている返済額は、元金にも利息の支払に多くが当てられているケースが珍しくありません。原因となっているのは、元利均等リボルビング方式が採用されているからです。加えて残高スライド方式が併用されている場合には、状況はさらに悪化して元金が生えてきた段階で返済額も段階的に減らすことで、常に約定返済額に対して元金よりも金利の支払いが多くなるように調整されています。

約定返済時に利息が支払われているので、随時返済はそっくり元金の返済に充てられます。随時返済額が多いほど、金利は一定ですから元金が減った分だけ掛かる利息が少なくなります。元金そのものを減らす随時返済を増やすことで、同時に返済回数も減らすことが可能となり、総利息自体も一気に減らせるわけです。

キャッシングの利息そのものを減らす方法として、随時返済を積極的に併用して行くことは、理想的な返済方法です。